本文スタート

鈴鹿市消防本部高度救急救助隊 指名式

5月25日に鈴鹿市消防本部高度救急救助隊 指名式が市役所でありました。

高度救急救助隊(Hyper Ambulance Rescue Team=通称HART)は、鈴鹿市の消防職員から救命救助のエキスパートを選抜し、初年度は女性を含む十五人で発足しました。

救急救命士、救急隊員の有資格者の中から、高度な救助技術を有する隊員を選抜され、隊員の持つ資格は特殊無線技士や危険物取扱者、潜水士、小型船舶操縦士など様々で、原則として命令後一時間以内に出動可能な体制を整備し、同様の救助隊は全国でもあまり例がないそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


▲ページの先頭へ