本文スタート

白子漁港周辺視察

平成30年7月23日、夕方5時より白子漁港周辺にて、先の平成30年7月岐阜県豪雨災害(7月8日発生)によって漂着した流木等の処理対応について、川崎二郎代議士と三重河川国道事務所長(国)、四日市港湾事務所長(国)、県土整備部長(県)、鈴鹿市土木部長(市)職員とともに視察。
現状と対策を現場にて調整を行いました。
鈴鹿海岸約15kmの流木撤去については三重河川国道事務所長(国)、四日市港湾事務所長(国)が予算対応。
木曽川河口付近の海底の流木撤去は農林水産省予算で対応。
9月には、元気花火が行われる場所です。
また、海苔の促成も秋には始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


▲ページの先頭へ